書類と女性

経理代行サービスを利用する企業が増えている理由

納品書と領収書

企業が事業を展開する上では、業種ごとにそれぞれ異なる生産的業務や営業活動に加え、どの会社にも共通するバックオフィス関連の業務も発生します。労務管理や庶務なども含めたバックオフィスの中でも、特に煩雑で負担が大きいのは記帳作業や入出金管理などの経理業務です。ある程度以上の規模を持つ企業では社内に経理部門を設けているのが一般的ですが、最近は中小企業を中心に経理代行サービスを導入する事例が増えています。
経理代行がこれだけ普及している背景には、主なアウトソーシング先となる会計事務所や税理士事務所のサービスが充実してきている点が挙げられます。領収書や請求書・預金通帳のコピーを送るだけで記帳作業や売掛金・買掛金の管理を代行してくれるというのが、経理代行の一般的なサービス内容です。給与計算や年末調整などは、従業員数の多い企業ほど経理担当者の負担が大きくなりますが、経理代行サービスにアウトソーシングすれば業務が大幅に効率化します。
経理代行サービスを導入することで経理担当者の人数を減らすことが可能になり、本来の事業に人員を集中できる点もメリットの1つです。より正確かつスピーディに経理業務が遂行されることで、経営データや財務データもリアルタイムで把握できるようになるようになります。経理担当者を雇用するより利用料金が安いという点も、経理代行サービスの導入事例が増えている理由の1つとして見逃せません。

経理の即戦力を確保するなら経理代行サービスを利用しよう!

個人事業主で会社経営をされている方、これから起業する方でどうしても確保したいのが経理担当者です。しかし、人材募集を行っても即戦力を確保できるとは限りません。過去に企業で経理業務に就いていたとしても自社の経理業務が直ぐにできません。また、簿記資格があるから…

くわしく


TOP

Copyright © 2020 業務効率化を図るために経理代行サービスを検討してみよう All Rights Reserved.